三菱地所 ライブ映像を事業者間で共有。大丸有で防災訓練|R.E.port
2018年3月12日 09時13分
no image
 三菱地所(株)は9日、大手町・丸の内・有楽町エリアの事業者が、災害時に必要な情報をWEB上で一元的に確認できる「災害ダッシュボード」を使った防災訓練を行なった。  同社は、東京都心・臨海地域特定都市再生緊急整備地域・会議の構成員として、大・丸・有地区都市再生安全確保計画に参画しており、「災害ダッシュボード」は同計画の作成部会が実証実験として開発したプラットフォーム。災害時には、周辺状況を俯瞰できる仕組みが必要であるとの認識から開発したもの。  帰宅困難者の滞留状況や負傷対応状況をライブ配信で画面上に表示し、事業者間で情報を共有。人員の配置や物資移動の最適化を図る。また、行政情報や鉄道情報なども集約して表示することで、ワンストップで必要な情報を得ることができる。  撮影は、仮救護所担当の応急救護班などが専用のスマホアプリを使い、撮影した映像をクラウドサーバーにて中継する仕組みで、比較的容易に映像を収集することができる。  9日に実施した防災訓練には、同社をはじめ10事業者が参加。「丸の内ビル」(三菱地所)や「東京駅 丸の内南口付近」(東日本旅客鉄道(株))、「聖路加メディローカス」(聖路加国際病院)など9ヵ所のライブ映像を確認した。  今後は、仮救護所や聖路加メディカローカスのトリアージ場所や診療所での負傷者対状況を医療スタッフを共有することで、災害時医療連携のさらなる高度化を図っていく考え。 https://www.re-port.net/article/news/0000054983