総合地所 URとコラボしライフスタイル提案|R.E.port
2018年3月12日 09時18分
no image
 総合地所(株)は、ライフスタイル提案のセレクトショップなどを展開する「アーバンリサーチドアーズ」とコラボレーションした分譲マンション「ルネ八王子トレーシア」(東京都八王子市、総戸数86戸)を発売した。  同物件は、JR中央線「八王子」駅徒歩10分に立地する、地上15階建て。建設地は駐車場、戸建住宅地跡地で、2016年に取得していた。甲州街道に面する旗竿地だが、建物自体は大通りから奥まった住宅地に建つことで、競合物件と住環境で差別化する。  衣食住の各ジャンルでライフスタイル提案型のセレクトショップを展開する「アーバンリサーチドアーズ」は、木の温もりを活かしたナチュラルテイストの家具や鉢植え等によるコーディネートを得意としており、共用部のラウンジデザイン、モデルルームコーディネート、入居者への家具販売などを行なう。  また、コーディネートされたモデルルームしか設置しないため、VRを使い、標準仕様住戸の間取りやカラーテイストを確認できるブースも設けている。  住戸は、3LDKと4LDK、専有面積68~80平方メートル。地元の子育てファミリー層をメインターゲットと想定して、競合物件には少ない78平方メートル、80平方メートル台の住戸をリーズナブルな価格設定で販売している。アーバンリサーチドアーズがコーディネートした住戸は、最も広い4LDKを1LDKとし、キッズコーナーや小上がりを設けた大きなリビングと、家族それぞれの雰囲気を感じながら別々に過ごせる居室を提案。住戸全体をナチュラルテイストにまとめている。モデルルームと同じ間取りへの改修と、設置した家具を約480万円で販売する。  昨年10月にモデルルームをオープン。これまで430組の反響と来場約110組を集めている。販売価格は、2,988万~4,388万円、坪単価は約170万円。最多価格帯3,600万円台。地元八王子市や日野市からの来場が7割弱。駅近の競合物件と価格で差別化しつつ、専有圧縮型の競合物件よりも広め住戸をファミリー層へアピールしており、これまでに20戸を販売済み。 https://www.re-port.net/article/news/0000054953