東急不動産・鹿島建設 「九段会館」の保存・建て替えPJに着手|R.E.port
2018年3月12日 09時22分
no image
 東急不動産(株)、鹿島建設(株)が共同出資する合同会社ノーヴェグランデは、九段会館(東京都千代田区)について、国との間で合意書を締結。70年間の定期借地による一部保存・建て替え事業に着手した。  九段会館は1934年完成。コンクリート造の建物に瓦葺きの勾配屋根を塔屋とパラペットに載せる「帝冠様式」と呼ばれる外観で、九段下界隈の景観を形成してきた。同プロジェクトでは、建物北側と東側をL字状に保存し、帝冠様式の特徴を生かす。  保存部分は、免震レトロフィット工法を採用、中性化により劣化したコンクリートの補修、外壁のスクラッチタイルの落下防止策を実施することで、竣工時の意匠を復原・保存する。用途については、宴会場、カンファレンスセンター、シェアオフィスなどとして活用する計画。新築するオフィス部分については、オフィスと店舗で構成する。  また、歩行者空間を整備することで敷地内と周辺エリアの回遊性を高めるほか、オープンスペースを確保することで、九段下エリアでの憩いの空間とする。  敷地面積8,765平方メートル。建て替え後は地上17階地下3階、延床面積6万8,024平方メートル、高さ74.9mの建物となる計画。竣工は2022年7月の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000054981