阪急不動産 新築M内装に9種のカラーセレクト導入|R.E.port
2018年3月13日 09時13分
no image
 阪急不動産(株)は新築分譲マンションブランド「ジオ」の内装カラーに、「ジオ カラーセレクト」を設定。「ジオ神戸中山手通」(神戸市中央区、総戸数256戸)、「ジオ柏の葉キャンパス」(千葉県柏市、総戸数226戸)より順次導入する。  ジオ カラーセレクトは、主要な住空間(玄関、廊下、リビング・ダイニング等)にインテリアカラーを設定したもので、ジオシリーズでは初の試みとなる。ラインアップは、ホワイトを中心とする「BIANCO」、マホガニーのフローリングなどでヴィンテージ感を演出する「VINTAGE」など9種類。集合住宅や商業施設、ホテル等のインテリアコーディネートを手掛ける(株)カン・デザイニングオフィスの監修を受け、木目や鏡面仕上げ、クロスなど異なる素材も織り交ぜた。 https://www.re-port.net/article/news/0000054987