不動産流通推進センター 既存M成約価格は54ヵ月連続で増加|R.E.port
2018年3月13日 09時21分
no image
 (公財)不動産流通推進センターは12日、全国の指定流通機構における2月の物件動向を発表した。  既存マンション成約価格は2,729万円(前年同月比5.67%上昇)、平方メートル単価は41万400円(同4.73%上昇)でいずれも54ヵ月連続の上昇となった。専有面積は、67.85平方メートル(同0.80%増)、築年数は21.03年(同0.34%増)、成約件数は6,505件(同0.14%増)となった。  また、既存戸建住宅の成約価格は2,264万円(同0.05%下落)と4ヵ月ぶりにマイナスに転じた。建物面積は111.62平方メートル(同0.38%減)、土地面積は185.03平方メートル(同2.93%増)、築年数は24.25年(同2.91%増)、成約件数は3,046件(同3.22%減)だった。 https://www.re-port.net/article/news/0000054991