パナソニック パナソニックが世界最大規模のデザインイベント『ミラノサローネ 2018』に出展 ~" TRANSITIONS "をテーマに国立ブレラ絵画館で展開
2018年3月13日 11時56分
no image
パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、2018年4月17日(火)から22日(日)、イタリア・ミラノで開催される『ミラノサローネ 2018』に出展します。 2018年3月7日(水)、創業100周年を迎えたパナソニックは、次の100年に向けた新たな一歩を踏み出しました。この記念すべき年のミラノサローネより、パナソニックデザインは" TRANSITIONS(遷移) "をテーマに活動を開始します。歴史と伝統を尊重しつつ、未知なる未来に挑戦するための変革、それが私たちの" TRANSITIONS "です。 メイン展示として、幅広い商品カテゴリーを有する当社ならではの、空調・映像・音響・照明技術を掛け合わせた総合インスタレーション「Air Inventions」を展示します。また、2018年は新たな取り組みとして、対話型コミュニケーションの重要性に着目したトークイベント「TRANSITIONS in Conversations」を開催します。 今回の出展について、パナソニック株式会社 アプライアンス社 デザインセンター所長の臼井重雄は、以下のように述べています。 「多様な価値が混在する時代において、デザインの役割も大きく変化しています。今回のサローネでは、目に見えない体験価値さえもデザインしていくという強い意志を込め、『空気の発明(Air Inventions)』をコンセプトに、思わず深呼吸したくなるような空間をミラノの中心地に創ります。パナソニックデザインは、2018年4月からグローバル屈指の文化都市である京都にデザインのヘッドクオーターを構えて、新たな組織で活動を始動させ、" TRANSITIONS "を加速していきます」。 【開催概要】 会期:2018年4月17日(火)~22日(日)、11時~21時 会場:イタリア国立ブレラ絵画館、Pinacoteca di Brera, Via Brera 28 20121, Milano, Italy ▼『ミラノサローネ 2018』特設サイト 日本語:http://panasonic.co.jp/design/milan-design-week2018 英語:http://panasonic.net/design/milan-design-week2018 (2018年3月下旬より順次更新予定) ▼Press Kits | Milano Salone 2018 http://news.panasonic.com/global/presskits/milanosalone2018 (2018年4月16日以降、順次更新予定) 以下ソーシャルネットワークサービスにおいても現地の様子を発信します。 (ハッシュタグ:#PanasonicDesign) ▼Panasonic Design 公式Instagram(panasonic_design) https://www.instagram.com/panasonic_design ▼Panasonic Design 公式Twitter(@DesignPanasonic) https://twitter.com/DesignPanasonic 【インスタレーション「Air Inventions」の概要】 会場となる国立ブレラ絵画館の中庭に、水滴をモチーフとした直径20メートルのエアードームを設置。パナソニックの独自技術である、空気を浄化するデバイス技術「ナノイーX」と、高圧の圧縮空気を用いて水を微細化する「シルキーファインミスト」を組み合わせて、「ミラノの街中で、最も美しく澄んだ空間」の創出を目指しました。 ドーム内部には、超高輝度レーザー光源プロジェクター「PT-RQ32KJ [輝度(センター):27,000ルーメン] 」と、高性能・高解像度魚眼レンズ「ET-D3LEF70」を配置。ドーム内部に臨場感あふれる4Kプロジェクションマッピングを描き出します。本展示によって、1918年の創業以来「モノ」をデザインし続けてきたパナソニックが、次の100年に向けて「目に見えないものや手に触れられないもの」、つまり、「人の気持ちや体験までもデザインしよう」という、パナソニックデザインの" TRANSITIONS "への挑戦の姿勢を表現します。 【トークイベント「TRANSITIONS in Conversations」の概要】 2018年4月18日(水)、19日(木)、20日(金)の3日間、国立ブレラ絵画館の「受難の間(Passion Room)」を会場として、「Living Space」「Community」「Culture」の3テーマで、これからの豊かなくらしに、デザインの果たす役割がどう変化していくのかを、グローバルに多方面で活躍する有識者とパナソニックのデザイナーが語り合います。 【ご参考】 ■ミラノサローネについて ミラノサローネとは、毎年4月にイタリア・ミラノで開催される、世界最大規模の家具見本市とその期間中にミラノ市外各所で行われる展示会や展覧会の総称です。2018年で57回目を迎え、世界最先端デザインの発信イベントとして多大な影響力を有するとともに、近年はデザインエキシビションの枠を超えたブランド発信の場として注目を集めています。 会場は本会場の「FIERA(フィエラ)」とミラノ市内各所で開かれる「FUORI SALONE(フォーリ・サローネ)」で構成されており、当社は「FUORI SALONE」に出展します。 ■パナソニックとミラノサローネ パナソニックは2008年から出展しており、2016年と2017年は最高賞にあたる「Milan Design Award」を2年連続で受賞しました。 ・2017年:「ベストストーリーテリング賞」 受賞 ・2016年:「ピープルズチョイス賞」 受賞 <関連情報> ・ミラノサローネ『Milano Design Award 2017』で、パナソニックが「ベストストーリーテリング賞」を受賞(2017年4月13日) http://news.panasonic.com/jp/topics/153247.html ・世界最大規模のデザインイベント『ミラノサローネ 2017』に出展~"Electronics Meets Crafts:"をテーマに作品を展示(2017年4月3日) http://news.panasonic.com/jp/topics/153028.html ・パナソニック イタリア(イタリア語) https://www.panasonic.com/it ・『ミラノサローネ 2018』公式サイト(英語) https://www.salonemilano.it/en https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003029.000003442.html