大和地所レジ、浜田山で低層分譲マンション|R.E.port
2018年3月14日 09時51分
no image
 大和地所レジデンス(株)は、新築分譲マンション「ヴェレーナグラン浜田山」(東京都杉並区、総戸数32戸)の販売を開始した。  京王井の頭線「浜田山」駅徒歩9分に位置。第一種低層住居専用地域であり、神田川遊歩道沿いの景観を守るため杉並区が進める「水とみどりの景観形成重点地区」に指定されているエリア。  3,000平方メートル超の敷地に空地率約60%のゆとりある配棟とした。建物は鉄筋コンクリート造地上4階建てで、西欧建築のエッセンスを取り入れた外観としている。  3住戸に1基のエレベータを配した動線計画とし、プライベート性と利便性を向上させた。また、セコムによる24時間対応のマンション安心セキュリティを採用。全住戸の玄関と窓に防犯センサーを設置するほか、帰宅通知メール機能により安全と安心を提供する。  全住戸南西向きとし、専有面積は約70~100平方メートル。間取りは3LDKが中心。両面バルコニーやルーフバルコニー、専用庭を設けるなど多彩なプランを用意した。  竣工は2018年12月下旬を、入居開始は19年1月下旬を予定。1期2次(先着順)の販売予定価格は8,280万~9,380万円。 https://www.re-port.net/article/news/0000055005