LIFULL LIFULL HOME’S空き家バンクにハザードマップ等の新機能を追加 ~検索機能も追加し、よりスムーズな空き家探しをサポート~
2018年4月2日 10時58分
no image
総掲載物件数No.1の不動産情報サイト「LIFULL HOME‘S 等の住生活情報サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)(旧社名:株式会社ネクスト、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、国土交通省「全国版空き地・空き家バンクの構築運営に関するモデル事業」の事業者として運営する「LIFULL HOME’S空き家バンク」に新たな機能として地図検索、ハザードマップ等を追加し、このたび正式版として提供を開始いたします 。 LIFULL HOME’S 空き家バンク https://www.homes.co.jp/akiyabank ■新機能について 追加した機能は以下の通りです。 ・地図検索 空き家の情報を地図から探す機能を追加しました。対応エリアの地図上に空き家の所在地をプロットしているので、地図を拡大、移動させながら希望エリアの空き家情報をスムーズに確認することが可能です。 ・ハザードマップ 物件周辺の地盤・防災等の情報として、各空き家の詳細ページにハザードマップを追加しました。これにより空き家周辺の地震による揺れやすさ、今後の地震予測、液状化・浸水の可能性等の不動産選びに欠かせない防災情報をその地域に詳しくない方でも視覚的に確認することができます。 ・農地付きの空き家、店舗付きの空き家の検索 農地付きの空き家、店舗付きの空き家情報だけを各エリアから検索する機能を追加しました。移住して自給自足の生活に憧れている方、空き家を利活用したカフェ等の小商いを行いたい方、それぞれのライフスタイルや目的に合った空き家情報をより簡単に探すことができます。 ■LIFULL HOME’S空き家バンクについて 「LIFULL HOME’S空き家バンク」は、地方自治体が募集する空き家、空き地と、それらの利活用を希望するユーザーをマッチングする情報プラットフォームで、国土交通省が推進する「全国版空き地・空き家バンクの構築運営に関するモデル事業」の実施事業者として弊社が運営するものです。 各自治体が個別に公開している空き地・空き家バンクの情報を全国で一元化し、物件の利活用を促進するため、自治体向けには空き家、空き地の情報を登録、編集、公開する管理システムを無償提供しており、現在空き家バンクを持つ約900自治体のうち、452自治体に登録頂いています(2018年3月20日時点)。 LIFULLグループは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、より多くのみなさまの暮らしを安心と喜びで満たす、住生活情報サービスを提供してまいります。 https://www.atpress.ne.jp/news/153461