東京都 虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合の設立認可について
2018年4月2日 11時36分
no image
東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合の設立を下記のとおり認可しますのでお知らせします。 本地区は、周辺に外資系企業や大使館が立地するなど、国際性豊かな地域である一方、東西にわたる谷地形である上に老朽化した低層の木造建物が多く立地すること等から、都市防災上の課題を抱えています。 今回の組合設立認可により、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図り、国際性豊かな魅力ある複合市街地の形成を図ります。 記 1 事業効果 (1) 街区再編と一体となった都市基盤の整備 幹線道路を結ぶ南北・東西道路や、地下鉄神谷町駅と六本木一丁目駅を結ぶバリアフリー動線の整備等により、大規模土地利用転換と併せた道路・歩行者ネットワークの強化を図る。 (2) 住み続けられる生活環境整備 多様なニーズに対応した居住・滞在施設や、国際的な教育・医療・生活支援・交流機能等の導入により、外国人にとっても暮らしやすい生活環境の整備を図る。 (3) 都市防災機能の強化 地形の高低差の解消や、帰宅困難者対策としての一時滞在施設や備蓄倉庫の整備、地域冷暖房施設等の自立・分散型エネルギーシステムの導入等により、地域の防災性の向上を図る。 2 認可組合(施行者)の名称及び所在地 虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合 港区虎ノ門五丁目8番6号 3 事業の名称 東京都市計画事業 虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 4 施行地区 港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内 5 地区の概要 (1) 地区面積 約8.1ヘクタール (2) 計画概要 施設規模 延べ面積 (A街区)約461,840平方メートル (B-1街区)約187,190平方メートル (B-2街区)約167,520平方メートル (C街区)計約47,550平方メートル 階数・高さ (A街区)地上65階/地下6階、高さ約323メートル (B-1街区)地上64階/地下6階、高さ約263メートル (B-2街区)地上53階/地下6階、高さ約233メートル (C街区)地上2~8階/地下1~3階、高さ約16メートル~約43メートル 施設用途 事務所、住宅、店舗、ホテル、インターナショナルスクール等 公共施設等 地区幹線道路1号(幅員12メートル、延長約250メートル)、地区幹線道路2号(幅員12メートル、延長約520メートル)、歩行者通路1号(幅員6メートル、延長約500メートル)、広場1号(約6,000平方メートル)、地下鉄連絡広場(約1,000平方メートル)等 総事業費 約5,792億円 6 認可予定日 平成30年3月27日(火曜日) 7 認可の効果 組合設立認可により法人格を得て、市街地再開発事業の施行者となり、事業に着手する。 (今後の予定) 権利変換計画認可 平成30年 工事着手 平成31年3月 建物竣工 平成35年3月 虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業(PDF:202KB) http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/26/08.html