大和ハウス工業 入社式社長訓辞要旨(ニュースリリース)
2018年4月3日 14時25分
no image
 本日行われました入社式において、代表取締役 社長 奥村洋治より訓辞がありましたので、その要旨をお知らせ致します。 1.日時:2018年4月2日 10:45~12:00 2.場所:ハイアットリージェンシー東京 センチュリールーム(東京都新宿区) 3.新入社員:156名 4.要旨:  新入社員の皆さん、入社おめでとう。  当社は2025年に売上高1兆円という大きな目標を掲げ、さまざまな施策に取り組んでいる。この目標を達成するためには、革新的な変化と成長が必要であり、会社は今、新しい力や新しい発想を求めている。一日でも早く、大きく成長し、このチャンスをつかみ取り、フジタの躍進のために役立っていただきたい。  本日はみなさんに、社員として大切と思うことを3つお話しする。  1つ目は「夢を持つ」こと。  今、みなさんが胸の中で考えていることは、必ず実現することができる。これからみなさんの前には、さまざまな大変な出来事が起こると思う。しかし、本当にみなさんが夢を思い続けていけばそれは必ず現実となる。そのことをいつまでも忘れないでもらいたい。  2つ目は、その夢に向かって「自分をデザインせよ」。  半年単位で自分がどのように前進するかを考え今の自分には何が足りず、そのために必要なものは何かということをしっかりと考えてほしい。わずか一日1センチの前進であっても、これが10年経つと非常に大きな差となって現れる。自分をデザインして、少しずつでも成長することを忘れないでほしい。  3つ目は、「人の話を良く聞く」こと。  学生と違い、社会人は“判断”をし、その判断に責任を持たなければならない。その際に判断の基準となるのは「知識」と「経験」となる。先輩や、自分の知らないこと、知らない分野に取り組まれているさまざまな人の話をよく聞き、知識と経験を大いに高めることが、判断で誤らず、精度を上げるためには非常に大切なことになる。  これから皆さんが働く建設業は、防災や交通、社会インフラ等の維持に、無くてはならない重要な基幹産業である。これから厳しいことやつらいこと、幾多の壁にぶつかったときに、自分たちの仕事は、人々の暮らしを支える、社会になくてはならない重要な仕事だという、「誇りと信念」を持って困難に立ち向かってほしい。   皆さんの大いなる飛躍を楽しみにしている。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000943.000002296.html