さくら事務所、業法改正対応の新調査サービス|R.E.port
2018年4月4日 09時18分
no image
 (株)さくら事務所は、4月より開始した宅建業法改正によるインスペクション(建物状況調査)説明義務化を受け、従来のホームインスペクション(住宅診断)サービスに加え、「建物状況調査サービス」を開始した。  「構造耐力上主要な部分」や「雨水の浸入を防止する部分」といった国の定めた必要最低限の項目に絞り、現時点で重大な不具合がないかを確認、調査する。調査項目に関しては、物件の引き渡しまで無料でサポートし、買い主への説明も有料でサポートする。  料金は、既存一戸建てが4万5,000円、既存マンションが3万9,800円。 https://www.re-port.net/article/news/0000055232