読売広告社 新築マンション購入者の半数が、既に消費税率引き上げを意識。特に若年層がその傾向が強い。 読売広告社 マンション契約者600人調査2018 レポート
2018年4月4日 18時00分
no image
株式会社読売広告社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤沼大輔)都市生活研究所では、住生活分野における各種調査研究活動を継続的に行っております。このたび「マンション契約者600人調査 2018」を実施しましたので、その結果の一部をご報告いたします。この調査はマンションのマーケティング・販売促進活動の基礎データとして活用します。 今回は、2019年10月1日に予定されている消費税増税にスポットを当て、新築マンション購入時の増税への意識を調査し、下記の結果となりましたのでお知らせします。 ◎消費税増税の引き上げ時期の認知度は、どの年代でも80%以上。 ◎「不動産購入に対して消費税増税が影響したか」、という設問ではどの年代も半数以上が「影響した」と回答。 ◎しかも、若年層ほどその傾向は強く、今後を見据えた不動産購入行動を行っている傾向が伺える。 【マンション契約者600人調査2018 調査概要】 調査対象者: ・30歳以上の男女 ・2016年1月~2017年12月に新築マンションを契約した「契約者本人」もしくは「その配偶者」 ・首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)でのマンション契約者 ・関西(大阪・兵庫・京都)でのマンション契約者 有効回収標本数:・首都圏600サンプル         ・関西258サンプル 調査方法:インターネット調査 調査期間:・関東 2017年12月22日~2018年1月15日      ・関西 2017年12月25日~2018年1月15日 ◎各年代とも、8割以上が消費税率UPの税率・時期を認知。  「Q.あなたは、税率や引き上げの時期を知っていましたか。」という設問では、「正確に知っていた」「だいたい知っていた」を合わせると、30代が80.0%、40代が83.6%、50代以上が86.0%と、どの年代も80%以上が消費税率UPについての認知を示し、各年代とも同様の認知状態となっている。 ◎不動産購入に対して、30代が最も消費増税を意識。若年層ほど意識する傾向に。 さらに、「今回の消費税率アップは、あなたのマンション購入に影響を与えましたか。」という設問では、「大きく影響した」 「やや影響した」を合わせると、30代が76.0%、40代が61.2%、50代以上は51.2%で、どの年代でも半数以上が既に意識しており、とりわけ若年層ほどその傾向が強い。 ■ 都市生活研究所 について 広告会社としてはユニークな、住宅・不動産を中心領域とするマーケティングセクションです。 都市生活研究所は、「時代の実験室である都市」と「都市と生きる時代の生活者」を、やわらかなまなざしで見つめ続けていきます。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000006104.html