アットホーム 長男のUターン、66.5%が「諦めている」|R.E.port
2018年4月9日 09時22分
no image
 不動産情報サービスのアットホーム(株)は、長男のUターンに関するアンケート調査結果を公表した。対象は、東京都で働く長男を持つ40歳以上の親618名。1都3県以外のエリアに住み、現在長男と同居しておらず、同じ都道府県に住んでいない人を調査した。  長男に「ずっと地元に戻らない」と言われている人は53.9%で半数以上いることが分かった。ちなみに、長男の婚姻状況、居住形態別では、長男が「既婚者」だと6割以上が「戻らない」と言われており、「未婚者」より約20ポイント高い結果に。また、長男が「持ち家」の場合は7割近くが「戻らない」と言われており、「賃貸」より約20ポイント高くなっている。年代別で見ると、年代が上がるにつれて、「戻らない」と言われる割合が多くなることが分かった。  長男が地元に戻ってくることを「諦めている」という人は66.5%。なお、長男に「ずっと地元に戻らない」と言われている人の中の約9割が、長男が地元に戻ってくることを「諦めている」と回答。「本心としては、長男に地元に戻ってきて欲しい」という人は45.6%だった。なお、長男に「ずっと地元に戻らない」と言われている人の中で、「本心としては、長男に地元に戻ってきて欲しい」と回答した人は、33.0%だった。  長男が地元に戻ってきてくれるなら、自腹で、自宅を二世帯住宅にしたいと思う人は、約2割となった。なお、「自腹で自宅を二世帯住宅にしたいと思う」人に、いくらまでなら建設費用を払っていいと思うか聞いたところ、平均額は1,609万8,000円となった。長男以外にも息子や娘がいる人に、「息子や娘に今後(も)地元に住んで欲しいか」を聞いたところ、「地元に住んで欲しい」という人は42.1%。また、「地元に住んで欲しい」という人に、地元に住んでくれるなら長男でなくても良いか聞いたところ、9割以上が、「長男でなくても良い」と回答した。 https://www.re-port.net/article/news/0000055279