パナソニック 耐震住宅工法 テクノストラクチャー専用の「テクノあったかパネル」を開発
2018年5月11日 14時30分
no image
パナソニック アーキスケルトンデザイン株式会社(以下、パナソニック アーキスケルトンデザイン。旧パナソニックESテクノストラクチャー株式会社)は、耐震住宅工法 テクノストラクチャー専用の断熱パネル「テクノあったかパネル」を開発し、2018年7月2日より設計対応を開始します。これにより、高い断熱性をもつ住まいを省施工で実現し、さらに施工品質の向上や工期の短縮も図ることができます。また、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)をはじめとする省エネルギーの住まいづくり(※)にも対応します。 耐震性に優れた木造住宅工法「テクノストラクチャー」は、独自の木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高度な構造計算により、従来の木造建築では実現することの難しかった大空間や斬新な外観デザインが実現可能な工法です。 住宅市場においてはZEHなど省エネルギーな住宅への関心が高まっています。ZEHを実現するためには、断熱性能を高めてエネルギー消費を抑えることが重要ですが、施工時に通常よりも手間と時間がかかるという課題があります。一方で、建設業界においては労働力不足や人件費高騰、さらには熟練大工の高齢化や減少による施工品質の低下が懸念されており、省施工を実現する部材や作業者の技術力によるばらつきが出づらい施工法が求められています。 今回開発した「テクノあったかパネル」は高い断熱性能を備えているため、ZEHなど省エネルギーな住まいづくりに対応します。さらに、断熱材と枠材を一体化し、邸別のサイズに工場で加工したパネルを現場に納品することで、施工性を高めて省施工を実現します。また、作業者による施工品質のばらつきをなくし、品質の安定も図れます。断熱性と施工性の高さに加え、建物にかかる力に対しても強さを発揮し、住まいを地震などから守ります。 パナソニック アーキスケルトンデザインは、今回開発した「テクノあったかパネル」などの部材を活用し、お客様のニーズや住宅業界の課題へのソリューションを提供していきます。 <特長> 1. ZEH対応の高い断熱性で、高い省エネ性を実現 2. 省施工を実現することで、工期短縮や施工品質の向上が可能 3. 高い耐震性で、地震など建物にかかる力から住まいを守る 【品名】テクノあったかパネル 【設計対応開始日】2018年7月2日 【対応地域】4~7地域 ※ 壁の断熱は「テクノあったかパネル」を使用し、天井や床などその他部位にもそれぞれ断熱を行うことでZEHに対応できます。 【お問い合わせ先】 パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 ハウジングシステム事業部 住宅システム事業推進部 電話:06-6908-1131(代表 受付9:00~17:30) 全文は以下プレスリリースをご覧ください。 ▼[プレスリリース] 耐震住宅工法 テクノストラクチャー専用の 「テクノあったかパネル」を開発(2018年5月11日) https://news.panasonic.com/jp/press/data/2018/05/jn180511-1/jn180511-1.html <関連情報> ・パナソニック アーキスケルトンデザイン株式会社 https://panasonic.co.jp/es/pasd https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003099.000003442.html