国土交通省 マンション大規模修繕、外壁工事が最多|R.E.port
2018年5月14日 09時48分
no image
 国土交通省は11日、「マンション大規模修繕工事に関する実態調査」を発表した。  マンションの大規模修繕工事の発注において、施工会社の選定に際して発注者である管理組合の利益に相反する立場に立つ設計コンサルタントの存在が指摘されていることを受け、同省は2017年1月に通知を発出。相談窓口も周知してきた。  同調査は、それに引き続き、管理組合等によるマンション大規模修繕工事の発注の適正な実施の参考となるよう、初めて実施したもの。  直近3年間に行なわれた大規模修繕工事(133社944事例)を集計。「工事内訳」「工事金額」、設計コンサルタント業務の「業務内訳」「業務量」を統計的に整理した。  工事の内訳は、外壁関係(外壁塗装および外壁タイル)が24.0%で1位。防水関係(屋根防水および床防水)が22.0%、仮設工事が19.2%との結果に。  1戸当たりの工事金額は、75万~100万円が30.6%と最多で、続いて100万~125万円が24.7%を占めた。  1平方メートル当たりの工事金額は、1万~1万5,000円が41.4%と最多で、続いて5,000万~1万円が31.8%を占めた。  設計コンサルタントの業務内訳は、工事監理が40.3%、設計が31.8%、調査・診断が15.2%となった。その他、施工管理選定への協力や、長期修繕計画の見直しなど。  業務量は、時間あたり100~200人(31.1%)と1時間当たり100人以下(30.3%)が多い結果となった。 https://www.re-port.net/article/news/0000055603