マーキュリー 23区マンション/平均値・中央値推移。価格・単価差は拡大傾向に。~都心部の高額物件が牽引~|Digital PR Platform
2018年5月14日 15時23分
no image
新築マンション業界で導入シェア9割のマーケティングシステム“サマリネットシリーズ”を提供する株式会社マーキュリー(本社:東京都新宿区 代表取締役:陣 隆浩)は、東京23区で販売された新築マンションについて、過去10年間(2008年~2017年)の価格と坪単価の平均値と中央値の推移を発表致します。※ その結果、近年中央値と平均値の差が拡大している事が分かりました。要因としては、元々の高額エリアだった都心部のマンションがより高騰している事で、23区の他エリアとの差が広がったことが考えられます。 ※マンションサマリ調べ。30平米以上の住戸を対象とする。 2008年からの10年間の推移を見ると、価格については、平均値が2008年の5,698万円から2017年の7,061万円と1,363万円(約24%)上昇しているのに対し、中央値は2008年の4,798万円から2017年の6,290万円と1,492万円(約31%)上昇し、中央値の上昇率が平均値の上昇率を上回りました。 また、坪単価については、平均値が2008年の271.0万円から2017年の348.7万円と77.7万円(約29%)上昇しているのに対し、中央値は2008年の257.6万円から2017年の327.4万円と69.8万円(約27%)上昇し、平均値の上昇率が中央値の上昇率を上回りました。 ■2015年以降、中央値と平均値の差が拡大―。 2009年から2013年にかけては平均価格、坪単価ともに中央値と平均値の差は緩やかに推移していますが、2014年に差が縮小している事が分かります。この年は、平均価格を押し上げる要因となる高額の大規模物件の供給がなかった事が原因と考えられます。 一方で、2015年以降は坪単価、価格ともに平均値と中央値の差が広がる傾向にあります。 高騰が続く23区の中でも、価格や坪単価が(中央値より)高いエリアの高価格化、高単価化が進んでいることが分かります。 マーキュリーでは不動産取引に関わる方や、マンションにお住まいの方、これから住まいを探す方など、マンションに興味をお持ちの皆様に役立つ情報をこれからも発信して参ります。 https://digitalpr.jp/r/27126