帝国データバンク 17年度の老舗企業倒産等が過去最多に|R.E.port
2018年5月15日 09時04分
no image
 (株)帝国データバンクは10日、2017年度の老舗企業(業歴100年以上)倒産・休廃業・解散の動向調査結果を発表した。  00~17年度までの老舗企業倒産・休廃業・解散をみると、17年度は461件(前年度比2.2%増)と3年連続で増加。リーマン・ショックが発生した08年度(430件)、東日本大震災発生後の12年度(417件)、人手不足が顕在化し始めた16年度(451件)を上回り、過去最多を更新した。  このうち、法的整理となった老舗企業は79件(同18.6%減)、休廃業・解散となった老舗企業は382件(同7.9%増)と、00年以降最多に。4年連続の増加となった。  老舗企業倒産・休廃業・解散件数の累計は6,432件。倒産や休廃業・解散全体の約1%を老舗企業が占めている。  業種別では、「小売業」(191件・構成比41.4%)が最多。以下、「製造業」(97件・同21.0%)、「卸売業」(80件・同17.4%)と続き、上位3業種が全体の約8割を占めた。  業種細分類別にみると、「ホテル・旅館」(18件)が最多に。2位は「酒小売業」(17件)、3位の「貸事務所業」(16件)は、17年度が過去最多となった。  同社は、「老舗企業の倒産・休廃業・解散は年々増加傾向にある。長い歴史を積み重ね、信用の代名詞たる老舗企業においても、近年ますますスピードアップしている環境変化に対応すべく、これまで培った『軸』を守りつつ新たな挑戦を続けることが一層求められる」としている。 https://www.re-port.net/article/news/0000055607