野村不動産 福島駅前再開発事業協力者に決定|R.E.port
2018年5月15日 09時50分
no image
 野村不動産(株)は11日、「福島駅東口第一種市街地再開発事業」の事業協力者に決定。市街地再開発事業の検討を進めている福島駅東口市街地再開発準備組合と協定書を締結した。  事業計画地は、JR東北新幹線・東北本線「福島」駅徒歩1分に位置、施行区域面積は約1.3ha。福島市の定める「都市マスタープラン」において、都市基盤の整備や土地の高度利用を促進し、商業、業務、文化、まちなか居住等の都市機能の充実と人口の拡充を図るべき地区として位置付けられている。  今後は、都市計画決定を経て、早期の本組合設立を支援していく。 https://www.re-port.net/article/news/0000055608