JDA ガートナー社のマジック・クアドラント 「輸配送管理システム」と「倉庫管理システム」の両分野で、JDAが今回もリーダーに選出される
2018年5月15日 16時13分
no image
サプライチェーンマネジメント(SCM) ソリューション大手、米国JDA Software, Inc. は本日、ガートナー社による、輸配送管理システムのマジック・クアドラント*2 と、倉庫管理システムのマジック・クアドラント*3 において、再度リーダーに位置づけられたことを発表しました。 *本内容は、米国JDA Software, Inc.が2018年5月10に発表したプレスリリースの抄訳です。 JDAは、両分野のマジック・クアドラントにおいて、2012以降毎年リーダーに選出されています。*4 この発表によりJDAは、ガートナー社による、サプライチェーンおよび、小売マーチャンダイジングソリューションにフォーカスした全5分野のマジック・クアドラントでリーダーに選出され*5 、業界におけるリーダーシップを拡大したと考えています。 JDAの製品およびサプライチェーン実行担当の上級副社長 兼 ゼネラルマネージャーのAndrew Kirkwoodは次のように述べています。 「JDAは、エンドツーエンドのサプライチェーン計画・実行ソリューションをシームレスに統合することにより、顧客のデジタル変革を支援し、ベストインクラス(各分野で最高)の在庫管理や要員の最適化、高収益でインテリジェントなフルフィルメントを実現しています。JDAのサプライチェーン実行ソリューションには、要員を最適化しつつ優れた顧客体験も実現できるよう、制約を考慮した計画立案、同期化された三次元の積み込み、および、反復的な最適化機能が組み込まれています。ガートナー社により今回も、サプライチェーン実行の2つの分野でリーダーと評価されたことを嬉しく思っており、私たちは今日の最も複雑な倉庫・輸送関連の課題を解決する、ベストオブブリード(各分野で最高のソリューションの組み合わせ)で革新的な機能を提供していると確信しています。」 JDA® Transportation Managementは、極めて重要な輸送プロセスを同期化することで、顧客に持続可能な価値を創出し、最適なコスト管理と卓越したサービスの両方を提供します。リアルタイムかつ、ダイナミックで最適化された複数拠点にまたがる経路作成を支援し、可能な限り最低のコストでビジネスのニーズを充足しつつ、繰り返し最適化が可能な輸配送計画を提供します。さらに、その輸配送計画を確実に実行可能なネットワーク制約モデルも備えています。JDA Transportation ManagementはSaaS環境とオンプレミス環境の両方で提供が可能で、JDA Intelligent Fulfillment™の要件や制約と連携して機能し、サプライチェーン計画・実行プロセス全体の上流から下流にわたって価値を提供します。JDA Transportation Managementはデジタル・コントロールタワーのアプローチにより、インバウンドとアウトバウンドの輸送ニーズに対してリアルタイムの可視化、サプライヤーと運送業者のコラボレーションツールを提供し、これによりJDAは、今日の最も複雑で困難なサプライチェーン環境に対応した、業界をリードするアプローチを実現しています。 JDA® Warehouse Managementは、リアルタイムのトランザクション処理、最適化された棚入れ戦略とタスク管理、統合された作業標準により、高い顧客サービスレベルを達成しつつ、顧客の労働効率を最大化し、陳腐化を削減し、利用可能な能力を有効活用します。JDAは、3PL、食品・飲料メーカー、消費財メーカー、小売業、ライフサイエンス業界といった、最も多様で複雑な倉庫業務向けに、長年にわたって、倉庫管理システム(WMS)と倉庫労務管理システム(WLM)を提供してきた実績を有しています。顧客は、JDA Warehouse ManagementとLabor Managementソリューションの幅の広さと深さはベストインクラスであり、それがJDAを採用した主な理由であると述べています。 イノベーションは、ロボット、無人フォークリフト、認知タスキング、拡張現実(AR)やAIなどの技術を活用した自動化されたフルフィルメントへと移行しつつあり、倉庫の労働環境はデジタル時代のニーズを充足するため劇的に変化しつつあります。JDA Warehouse Managementは、ガイド付きのパラメーター設定を促進し、実験とイノベーションを奨励しつつ、新たなモバイルエクスペリエンスを活用しながら、安全にアップグレードが可能で拡張性のあるフレームワークにより、自動化やエッジデータ採集を強化し、企業のデジタル変革を支援しています。 英文のプレスリリースは以下をご参照ください。 https://jda.com/knowledge-center/press-release/jda-again-named-a-leader-in-gartner-magic-quadrant-for-wms-and-magic-quadrant-for-tms *1 注文に対して出荷を行う業種において、受注から在庫管理、輸配送、決済処理まで、商品引き渡しの一連のプロセスを総称したもの。 *2 Gartner, Magic Quadrant for Transportation Management Systems, Bart De Muynck, March 19, 2018 https://www.gartner.com/doc/reprints?id=1-2WTC5VO&ct=160121&st=sb *3 Gartner, Magic Quadrant for Warehouse Management Systems, C. Dwight Klappich, Simon Tunstall, May 2, 2018 https://www.gartner.com/doc/reprints?id=1-2WV2YCO&ct=160122&st=sb *4 この評価は、2012年に発表されたJDA/RedPrairie合併後の期間のもの。 *5 http://now.jda.com/Gartner-Magic-Quadrants.html?SFCampaignID=70170000000VycB 【ガートナー社の免責事項】 ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。 【JDAソフトウェアについて】 JDA® Softwareは、製造業、小売業、流通業、及びロジスティクス業界向けにサプライチェーン計画、実行ソリューションを提供しています。JDAの革新的なソリューションと他社の追随を許さない業界に対する高い専門性は、企業のコスト削減、収益性の向上、及び可視性の改善を可能にします。JDAソリューションは、小売企業上位100社中73社、 消費財メーカー上位100社中71社、そして3PL上位16社中13社を含む4,000社を超す世界有数の小売業者、製造業者および流通業者で活用されています。詳細については、jda.comをご覧ください。  JDAソフトウェア・ジャパン株式会社は1997年に設立され、日本の大手企業のサプライチェーンに関する課題解決を支援しています。 詳細は、ホームページhttps://japanese.jda.com をご覧ください。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000011112.html