埼玉宅協会長は内山氏が再任|R.E.port
2018年5月31日 09時24分
no image
 (公社)埼玉県宅地建物取引業協会は29日、浦和ロイヤルパインズホテル(さいたま市浦和区)で総会を開き、2017年度事業および収支決算について報告したほか、定款の一部変更や18・19年度の理事について議決・承認した。また、総会後には新理事による理事会で内山俊夫氏の会長再任も決まった。  内山氏は、18・19年度の重点項目として、「会員第一の取り組み」「会員業務支援」「組織の活性と活力」など、会員支援や組織活性化・財政健全化などに関する7つの方針を掲げた。会員の支援の取り組みについては、「地域守り・家守り・資産守り」を体現する会員を育成する「地域のローカルスター育成プロジェクト」をスタート。17年にスタートした新たな不動産情報サイト「ハトらぶ」の推進や空き家・空き地対策にも力を入れる。また、Jリーグ浦和レッドダイヤモンズの法人サポーターへの加入や埼玉県宅建会館をドラマのロケーションに提供するなど、ハトマークブランドのイメージアップも実施していく。  同氏は総会後の懇親会で再任後の第一声を発し、「昨年の媒介報酬の改定に関しては、当協会の秩父支部が国土交通省のヒアリングに協力し、地域の宅建事業者としての声を伝えてくれた。これが非常に大きな影響を与えたと思っている。関係者に感謝したい」と述べた。また、「地域のローカルスター育成プロジェクト」について「地域で活躍する実務者にスポットを当てることで、会員のモチベーションアップにつなげたい」などと語った。 https://www.re-port.net/article/news/0000055804