otta 見守りサービス「Qottaby(キューオッタバイ)」で高齢者見守り実証実験を開始 九州電力、地元の高齢者福祉施設と協力し検証
2018年5月31日 11時14分
no image
株式会社otta(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:山本 文和。以下「当社」)がシステムを提供し、九州電力株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:瓜生 道明)が運用するIoT見守りサービス「Qottaby」において、地元の高齢者福祉施設と協力し、高齢者見守りの新たなサービスに関する実証実験を開始致します。 Qottabyは、当社と九州電力株式会社の共同プロジェクトとして、昨年12月に福岡市実証実験フルサポート事業に採択され、福岡市及び福岡地域戦略推進協議会の協力のもと展開しております。今回、当社が新たに開発した専用見守り端末を携帯する高齢者の位置情報を、高齢者福祉施設の職員が確認できるサービスに加えて、高齢者福祉施設からの離設(※)防止に寄与する新たなサービスの有用性を検証します。 ※ 離設:施設利用者が無断で施設から出て行ってしまうこと <Qottabyについて> URL:https://www.qottaby.jp <株式会社ottaについて> 株式会社otta(オッタ)は、IoTを活用し、「みんなで、みまもる」をコンセプトとするシェアリングエコノミー型見守りサービスを提供するベンチャー企業です。 2014年11月に日本で初めてBLEを活用したIoT見守りサービスを開始したパイオニア企業として豊富な運用実績を持ち、2016年 3月には総務省/NICT共催 企業家万博において「日本マイクロソフト賞」を受賞しております。 また、本見守りサービスの基礎となる、近距離無線通信端末を使用した位置情報通知システムのビジネスモデル特許を取得しております。 所在地:福岡県福岡市中央区天神3-10-1 天神源氏ビル301 URL:https://otta.co.jp https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000011852.html