ホームネットグループの「高齢者向け入居・居住支援サービス」埼玉県宅建協同組合の推奨商品に認定
2018年5月31日 14時50分
no image
 高齢者の居住/生活/終活支援を通じて地域包括ケアシステム構築を推進するホームネットグループ(東京都新宿区、代表取締役 藤田潔)で、家賃保証を手掛けるエルズサポート株式会社が展開する「Skip-Life」と、緊急通報サービスや居住支援事業を手掛けるホームネット株式会社が展開する「見まもっTELプラス」が、埼玉宅建協同組合の推奨サービスに採択されたことをお知らせします。  公益財団法人日本賃貸住宅管理協会の調査によると、1人暮らしの高齢者の入居に拒否感がある大家は65%となっており、入居を制限する理由に「家賃の支払いに関する不安」や「居室内での死亡事故等への不安」を挙げています。しかしながら、日本国内の空室率は年々増加しており、家主に対する空室リスクも高まっております。  当グループは、こうした社会背景から、高齢者の方の入居対策として、家賃債務保証に加えて見守りサービス、健康相談サービス、更には居室内死亡時の費用を補償した商品「Skip-Life」を提供しております。また、20年の実績を誇る安否確認に、居室内死亡時の費用補償を付帯した「見まもっTELプラス」は、これまで全国の居住支援協議会に採択された実績があり、導入件数は300件を誇ります。  この度、上記の2商品が、高齢者入居をご検討の家主、管理会社、住まい探しにお困りの住宅確保要配慮者の方のニーズを汲んだ独自の商品であることから、埼玉宅建協同組合の推奨サービスとして紹介いただける運びとなりました。埼玉宅建協同組合とのコラボ商品であることから、「エルズハトたま保証見守りプラン」ならびに、「ハトたま見まもっTELプラス」という名称で提供し、埼玉県内での取扱代理店の拡大を図ります。  ホームネットグループとして、自社サービスが不動産団体の推奨商品になるのは、福岡県に続き、今回が2例目となります。今後も、全国の不動産関連団体と協力し、不動産業界へ本サービスの浸透を図ってまいります。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000032925.html