健美家 投資用不動産、「融資厳しい」の回答が倍増|R.E.port
2018年6月1日 09時05分
no image
 健美家(株)は31日、9回目の「不動産投資に関する意識調査」の結果を公表した。調査は4月11~25日、同社が運営する不動産投資サイト「健美家」の登録会員7万3,000人を対象にインターネットアンケートで実施。有効回答数は526人だった。  投資用不動産市場については、「売り時」が47.9%(2017年4月調査54.8%)と6.9ポイント低下し半数割れに。「買い時」は13.9%(同11.6%)と2.3ポイント増加したものの、「どちらとも言えない」が38.2%(同33.6%)で、過去4年で最高値となった。  「売り時」と回答した理由は、「価格の高騰」(78.6%)がダントツ。「投資家増加で需要があるから」(40.5%)、「融資が厳しくなってきたので今のうち」(38.1%)が続いた。いつまで売り時かの問いには、35.3%が「19年まで」と回答。次いで28.2%が「20年まで」と回答しており、オリンピックイヤーまで価格の高騰が続くと予測している結果となった。  「買い時」と回答した理由については「低金利」(58.9%)がトップ。「融資が厳しくなってきたので今のうち」(46.6%)の回答が増加し、例年上位に挙がっていた「融資が通りやすい」(同22.6%、今回13.7%)と逆転した。いつまでが買い時かの問いには、31.5%が「20年まで買い時」と回答。次いで、「2019年まで」(23.3%)との回答が多かった。  金融機関の融資状況については、「厳しくなった」という回答が43.4%で、17年度(21.5%)の2倍に。厳しくなったと感じる理由は、「フルローンが出ない」(55.7%)、「今まで融資が通っていた年収・金融資産では通らなくなった」(50.4%)が5割を超えた。 https://www.re-port.net/article/news/0000055832