トーセイ 首都圏で物流施設事業を開始|R.E.port
2018年6月1日 09時11分
no image
 トーセイ(株)は、グループ初となる物流施設(相模原市緑区)の開発用地を取得し、首都圏エリアの物流施設開発事業を開始する。  中期経営計画「Seamless Growth 2020」の成長戦略として策定した「新規ビジネスの展開」の一つ。開発用地は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「相模原」IC約4.5km。京王電鉄相模原線「橋本」駅徒歩22分、JR横浜線・相模線「橋本」駅徒歩23分に立地。広域配送の拠点として利便性が高いエリアで、人口70万人超の相模原市内や周辺地域への近距離配送にも適している。  施設は、鉄骨造地上4階建て。敷地面積5,885.04平方メートル、延床面積1万1,591平方メートル(予定)。竣工は2020年3月の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000055826