ケイアイスター不動産 株式会社Secualと戦略的資本業務提携、IoTスマートホームセキュリティ住宅の共同開発を開始 ~スマホ時代のニーズにマッチした付加価値の高い住宅供給を目指す~
2018年6月1日 17時18分
no image
「不動産×IT」を合言葉に業界革新を進めているケイアイスター不動産株式会社(東証一部コード:3456、本社 埼玉県本庄市、代表取締役 塙 圭二、以下:当社)は、IoT分野のホームセキュリティシステム「Secual(セキュアル)」を開発する株式会社Secual(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:青柳 和洋、以下:Secual)との間で戦略的資本業務提携を行い、「IoTスマートホームセキュリティ住宅」を共同開発する事をお知らせ致します。    「不動産×IT」を合言葉に業界革新を進めているケイアイスター不動産株式会社(東証一部コード:3456、本社 埼玉県本庄市、代表取締役 塙 圭二、以下:当社)は、IoT分野のホームセキュリティシステム「Secual(セキュアル)」を開発する株式会社Secual(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:青柳 和洋、以下:Secual)との間で戦略的資本業務提携を行い、「IoTスマートホームセキュリティ住宅」を共同開発する事をお知らせ致します。 1.資本業務提携の背景と目的  当社は、関東を中心に、不動産×ITをテーマに様々な事業分野において業界を革新するべく活動を展開しています。一方、Secualは、センサゲートウェイスマホアプリを活用したIoT分野のホームセキュリティシステムの開発を行い、手軽にホームセキュリティや見守りサービスを導入できる事業展開において実績を有しております。  本業務提携により、スマートホームセキュリティを導入した、安全面でも品質の高いIoT住宅の開発・販売を実現することで、居住者がより快適に過ごせる、付加価値の高い住宅提供が可能になります。さらに両社の強みを融合することで、IoT住宅の共同開発、その他IoTセキュリティを利用した事業の創出を通じて生活空間にIoTを積極的に活用してまいります。 2.資本業務提携の概要 (1)業務提携の内容     ①IoTスマートホームセキュリティ住宅の共同開発     ②その他IoTセキュリティに関する事業 ■スマートホームセキュリティ「Secual」とは 「Secual」はセンサ、ゲートウェイ、スマホ専用アプリを使用し、手軽にご利用いただけるセキュリティと見守り製品です。窓やドアに設置したセンサが振動や衝撃開閉を検知し、ゲートウェイとスマホ上の専用アプリに通知します。「Secual」の機器は配線不要で簡単に設置でき、これまでホームセキュリティを利用できなかった方でも簡単に導入できます。「Secual」の詳細につきましては、 https://secual-inc.com をご参照ください。 【会社概要】 社  名   株式会社Secual 所 在 地   東京都渋谷区東1-32-12 代表者役職および氏名 代表取締役CEO 青柳 和洋 事業内容  スマートセキュリティー製品の開発・製造・販売 等及びその運営サービスの提供 資 本 金  27,268万円 設立年月日 平成27年6月2日 ■ケイアイスター不動産とは 「豊かで楽しく快適な暮らしの創造」を経営理念に、高品質だけど低価格な住宅の提供を行っています。地域密着型の総合不動産業として、関東を中心に1都8県(埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉、神奈川、福岡、愛知)で多角的な事業を展開。新築戸建を中心として年間2500棟以上の販売(※)。2018年3月期の売上高は641億円(※)。デザイン性を重視し「ケイアイフィット」「カーザスタイル」「はなまるハウス」等、価格帯の異なる商品や地域特性を考慮し、お客様のニーズに対応しています。(※グループ連結)。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000029869.html