エンゼル【新潟県湯沢町(越後湯沢)初!】リゾートマンションで民泊承認 資産価値向上・管理運営の健全化に向けた第一歩
2018年6月4日 09時27分
no image
新潟県湯沢町のリゾートマンション、エンゼルリゾート湯沢(管理会社:(株)エンゼル(東京千代田区))では、 住宅宿泊事業(民泊)制度導入に関する議案が平成30年3月14日の臨時総会で採決され、賛成多数で可決した。  新潟県湯沢町のリゾートマンション、エンゼルリゾート湯沢(管理会社:(株)エンゼル(東京千代田区))では、住宅宿泊事業(民泊)制度導入に関する議案が平成30年3月14日の臨時総会で採決され、賛成多数で可決した。同制度導入について湯沢町内のリゾートマンション管理組合で議案が可決したのは初めてとな る。※当社調べ 住宅宿泊事業法では、現に居住されていない住宅で住宅宿泊事業(民泊)を行う場合、住宅宿泊管理業者へ管理委託する事が事業者に義務付けられている。同マンションでは住宅宿泊事業(民泊)が承認された総会で、住宅宿泊管理業者をマンション管理業者の(株)エンゼルと指定したことで、マンションオーナーが安心してワンストップで民泊を行える仕組みを構築する。 このマンションを管理する株式会社エンゼル代表の安藤氏は「湯沢町のリゾートマンションの多くはバブル期に建設されたものであり、建物の老朽化、定住者・リゾート利用者の減少、管理費の滞納等、健全な管理組合運営に向けて多くの課題を抱えております。エンゼルリゾート湯沢の住宅宿泊事業制度導入をきっかけに、リゾートマンション資産価値向上、ひいては日本のリゾートエリア活性化のきっかけとすることができれば」とリゾート業界への住宅宿泊事業制度活用について語った。 ■(株)エンゼルの民泊サービスについて http://www.angel-r.com/minpaku https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000030708.html