一五不動産情報サービス 東京圏の物流施設、空室率わずかに上昇|R.E.port
2018年6月4日 10時06分
no image
 (株)一五不動産情報サービスは5月31日、2018年4月期の「物流施設の賃貸マーケットに関する調査」結果を発表した。延床面積または敷地面積が1万平方メートル以上の賃貸物流施設を四半期ごとに調査しているもの。対象は東京圏350棟、関西圏96棟。  東京圏の空室率は4.7%(前期比0.7ポイント上昇)。計12棟が新たに竣工し、新規供給は75万8,000平方メートルと過去最大を更新したが、需要サイドも堅調で安定した需給バランスとなった。1坪当たりの募集賃料は4,300円(同100円上昇)となった。東京圏では市場競争力の高い物件が募集賃料を引き上げている。  関西圏の空室率は12.3%(同0.5ポイント低下)。新規供給37万6,000平方メートルに対し、新規需要も35万5,000平方メートルとなり、2四半期連続でおおむね均衡した需給バランスとなった。1坪当たりの募集賃料は3,350円(同横ばい)。この1年間、3,300円強でおおむね安定的に推移している。 https://www.re-port.net/article/news/0000055850