リビタ ワビサビ展 “ホテル・ニュー・ハコダテ” |HakoBA函館 開業1周年記念 ホテルジャックアートイベント
2018年6月4日 14時31分
no image
 株式会社リビタ(本社: 東京都目黒区、代表取締役社長: 都村智史)がトータルプロデュースする、リノベーションホテル「HakoBA函館 -THE SHARE HOTELS-」(ローマ字表記、読み:ハコバ ハコダテ ザ シェア ホテルズ)において、開業1周年を記念して、工藤“ワビ”良平と中西“サビ”一志によって結成されたデザインコンビ「ワビサビ」による、ワビサビ展“ホテル・ニュー・ハコダテ”を2018年5月17日(木)から8月20日(月)まで開催いたします。  「HakoBA函館 -THE SHARE HOTELS-」では、2017年の開業以来函館をはじめとする地域のアーティストと協力し、ホテル共用部空間の壁面を作品発表の場とする“HakoBA GALLERY”を開催して参りました。アート・芸術の発信およびアーティストのプロモーションを後援し、宿泊ゲストが地域のアートに触れるきっかけづくりを目指し、これまで絵画展、写真展、現代アート展を実施し、週末は一般公開するなど施設を地域に開く取組みを行っております。  今回は、館内のフロントバッグのグラフィックデザインをはじめ、BANK棟[鈴木1] (※注1)の全客室に描き下ろしを含めたグラフィック作品を手掛けた「ワビサビ」とのコラボレーションが実現。代表作のカリグラフィーシリーズをはじめ、最新作を含めた43作品を展示しております。また、2018年6月17日(日)に開催される、「HakoBA函館1周年感謝祭」では、アーティスト本人の回廊も予定しています。函館では初となるワビサビ展をぜひお楽しみください。 ※1…ホテル全体は、“BANK”と“DOCK”の2つの建物で構成されており、「BANK棟」は銀行として建設された築86年の建物。函館市の景観形成指定建築物に指定されている。 ワビサビ展「ホテル・ニュー・ハコダテ」概要 日程 | 2018 年5 月17 日(木)~8月20 日(月)15:00~20:00 <観覧無料>  ※ご来館の際はホテルフロントへお立ち寄りください。入館パスをお渡しいたします。  ※一般公開は期間中の土・日・祝日のみとなります。宿泊者の方は、期間中は曜日問わずご見学いただけます。  ※一般公開の最終入館は19:45 までとなります。 開催場所 | HakoBA 函館 -THE SHARE HOTELS-(北海道函館市末広町23-9) 問合せ先 | 0138-27-5858(HakoBA 函館) ※開催時間等の詳細は随時HakoBA ホームページ(https://www.thesharehotels.com/hakoba/event)にて 掲載いたしております。 ワビサビ/wabisabi 1999 年、工藤“ワビ”良平と中西”サビ”一志によって結成されたデザインコンビ。札幌を拠点にアドバタイジングから、グラフィックデザイン、オブジェ、映像、ファッション、インテリアまで多方面での制作活動を行っている。“デザ院株式会社”所属。日本グラフィックデザイナー協会理事、札幌アートディレクターズクラブ運営委員。 85TH NY-ADC AWARDS 銀賞、86TH NY-ADC AWARDS MERIT 賞、INTERNATIONAL POSTER TRIENNIAL IN TOYAMA 2006 金賞、TAIPEI INTERNATIONAL POSTER FESTIVAL 銅賞、INTERNATIONAL POSTER AND GRAPHIC ARTS FESTIVAL OF CHAUMONT 入選、LAHTI XVI POSTER BIENNALE 入選、D&AD FACE TO WATCH 2009 認定、JAGDA 新人賞2005、亀倉雄策賞ノミネート、2011JAGDA 賞、第1回東京ミッドタウンアワード 準グランプリ、札幌ADC グランプリ・準グランプリ・金賞・銀賞・銅賞、佐藤卓賞、渡邊良重賞、永井裕明賞、山田英二賞、他受賞多数 【THE SHARE HOTELS について】 You in Local, New in Local ザ シェア ホテルズは、その場所にしかない新しい出会いと体験に溢れた場です。 各地に展開する私たちのホテルには、開かれた固有のシェアスペースがあり、 そこには、まちの人々や様々な活動が集まります。 ここを訪れると、まちの今の空気を感じることができたり、 まちの人と出会うことができたり、 個性豊かな活動に参加できたり。 ゲストは様々なスタンスでまちと関わることができます。 私たちは、この場の運営を通じて、まちの人々と国内外のゲストとともに まちを楽しみ、まちを盛り上げていけたらと考えています。 URL: https://www.thesharehotels.com https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000096.000008644.html