東急不動産 世田谷のMでシニア向けソフトサービス/東急不|R.E.port
2018年6月5日 09時45分
no image
 東急不動産(株)は2日、分譲マンション「ブランズシティ世田谷中町」(東京都世田谷区、総戸数252戸)においてシニア向けソフトサービス「あんしんライフサポートパッケージ」を開始した。  同物件は、シニア住宅「グランクレール世田谷中町」(同、総戸数176戸)との複合開発「世田谷中町プロジェクト」の中核となる分譲マンション。子育て期から高齢化に至るまで多世代の人々が交流し地域と繋がる世代循環型のまちづくりを目指し、住環境の整備を進めている。  「あんしんライフサポートパッケージ」は、東急不動産ホールディングスのリソースを活用し、包括的にシニアライフをサポートするもの。同社が「グランクレール世田谷中町」のコミュニティサロンで展開しているカルチャークラス等のシニア向けワンストップ型生活サービス「ホームクレール世田谷中町」を利用可能とするほか、(株)東急コミュニティーが提供する、水回りや鍵のトラブルに関する駆け付けや家具の移動等日常生活のサポートサービス「家族力・プラス~ブランズプレミアム」を提供。年会費を東急不動産が負担し、5年間の標準サービスとする。 https://www.re-port.net/article/news/0000055857