あなぶきグループ ビル空室をコワーキングスペースに|R.E.port
2018年6月6日 09時02分
no image
 あなぶきグループは5日、シェアードワーキングプレイスを香川県高松市と広島市中区に開設すると発表した。  自社所有ビルの空きスペースを、地域のスタートアップチームや建築家、NPO団体などが利用できるコワーキングスペースとする事業。  「co-ba takamatsu(コーバ・タカマツ)」は、ことでん「瓦町」駅徒歩9分。9階建てのオフィスビルの1・2階部分。  1階は、3時間からや1日単位で利用できるフリーアドレスのワークプレイス。貸し切りで、イベントを開催することも可能。2階は固定デスクや1~3人入居を想定した個室区画を設置した。  7月中旬にオープン予定。  「co-ba hiroshima(コーバ・ヒロシマ)」は、広電「紙屋町東電」停徒歩3分。8階建てのオフィスビルの7階。  フロアは会員のみが利用できる個室、固定席と、3時間からや1日単位で利用できるフリーアドレスの3ブースで構成する。  7月下旬にオープン予定。  いずれも、会員は365日24時間の利用が可能。一般会員の月額料金は、コーバ・タカマツが8,000円、コーバ・ヒロシマが1万円。会員以外は平日10~18時に利用できる。  なお、両施設の運営は(株)ツクルバと協働で行ない、同社が全国で展開するシェアードネットワークプレイス「co-ba NETWORK」会員も、両施設会員と同じ条件で施設の利用が可能。 https://www.re-port.net/article/news/0000055877 https://www.re-port.net/article/news/0000055877