名古屋電気鉄道 犬山ホテルを再開発、国際ブランドを誘致|R.E.port
2018年6月6日 09時03分
no image
 名古屋電気鉄道(株)は4日、名鉄犬山ホテル(愛知県犬山市)の再開発計画を決定した。  同ホテルは1965年に開業。犬山城に近接し、茶室「如庵」など敷地内に2つの国宝を持つことから、国内外から多くの宿泊客が訪れていた。  再開発にあたり、インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG、本社:英国)と提携。2021年下期を目途に「ホテルインディゴ 犬山 有楽苑」(総客室数150室)を開業する。中部圏では初のインディゴブランドのホテルとなる。今後、一層のインバウンド需要取り込みを図る。  名鉄が建物を所有し、IHGの日本法人であるIHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社とホテル運営委託契約を締結する。再開発後のホテル詳細については、今後IHGと詰めていく計画。  現ホテルでの営業は19年8月末で終了する。 https://www.re-port.net/article/news/0000055870