【Realnetレポート】綱島駅再開発に伴う新築分譲マンション相場動向 ~綱島駅周辺 再開発で坪単価約40%上昇~
2018年7月19日 11時28分
no image
 東急東横線・綱島駅の周辺では、2つの再開発プロジェクトの影響により、新築分譲マンション相場が、直近の数年間で急速な値上がりを見せています。  一つは、東横線・相鉄線直通線の新駅『新綱島駅(仮称)』の開業に伴う、東口駅前の大規模再開発で、2014年に検討を開始し、2016年に都市計画として正式決定しました。直通線が運行開始予定の2022年に向けて、今現在、交通・商業等の機能強化を推進する工事が進められています。もう一つは、綱島東4丁目の複合再開発『Tsunashima サスティナブル・スマートタウン(綱島SST)』で、こちらは2016年に構想発表会が行われ、今年3月にまちびらきを迎えました。ショッピングセンターのアピタテラス横浜綱島の開業や、隣接道路の拡張等も伴っており、周辺の生活利便性を向上させる内容となっています。  本レポートでは、上記の再開発プロジェクトの進行とともに変動する、綱島駅の新築分譲マンション相場に着目します。 高橋良介