リゲルデザイン「おうちで介護どっとこむ」をリリース。居宅介護サービス事業者とサービス利用者をつなぐ新メディア。掲載件数500件突破!
2018年7月25日 18時04分
no image
おうちで介護どっとこむ:http://ouchidekaigo.com 「おうちで介護どっとこむ」は居宅介護サービス提供事業者(居宅介護支援・訪問介護・訪問看護・デイサービス・介護リフォーム等)と介護サービスを探す人をつなぐメディアです。 おうちで介護どっとこむ:http://ouchidekaigo.com ■居宅介護サービス業界が抱える課題 総務省の統計によると日本の高齢化率は2017年の時点で27.4%に上昇し、2030年には30%を超えるという予想もされています。約3人に1人が高齢者となる時代を迎えようとしている中、在宅での医療や介護は大きな課題として存在しています。 老人ホーム難民や医療機関の病床不足等が取りざたされる中、介護や看護の現場は施設から「おうち」へ移り変わっています。 しかし、介護保険制度が開始されて既に十数年立ちますが、介護保険制度や居宅介護サービス提供事業者に関する情報はインターネット上に十分に掲載されていない場合が多く、利用者が満足に情報収集できません。 〇介護サービスを検討している利用者が抱える悩み チラシやパンフレットが見にくい どんなスタッフが働いているか知りたい 口コミや利用者の声が聞きたい 遠方の親戚・兄弟とも情報共有したい 〇ケアマネジャーが介護サービス事業者に感じる悩み パンフレット・チラシ・資料がかさばる 資料に掲載されている情報が古い 事業者から頻繁に情報発信してほしい 各事業者の差別化が難しく説明しにくい 紙媒体のみでは情報が足りず、利用者やケアマネジャーのストレスとなっている現状があります。 紙媒体は更新性が無く、紙面が限られるため、十分な情報を伝えることができません。 また、遠方の家族や兄弟と介護サービス提供事業者の情報を共有したいという要望も強くありますが、WEBサイトを開設していない事業者の情報はパンフレットやチラシを郵送する方法で情報共有しているようです。 ■「おうちで介護どっとこむ」のメリット 「おうちで介護どっとこむ」は居宅介護サービス利用者やケアマネジャー、介護サービス提供事業者の不満点を一度に解決することができる画期的なWEBサービスです。 居宅介護サービス提供事業者や居宅介護支援事業所のWEB進出をサポート致します。 ①低コストでWEB上に宣伝スペースを設けられる。 WEB上に低コストで会社情報を掲載できる宣伝スペースを構築することができるため、費用的な問題でWEBサイトを作成できなかった事業者がWEB進出する大きなチャンスとなります。 PCはもちろん、スマートフォンでの表示にも完全対応しています。 写真や動画を掲載することも可能なので、多くの情報を利用者に伝えることができます。 ②ユーザーが知りたい情報(スタッフの声や利用者の声など)を掲載できる。 介護サービスの利用を検討している利用者が、最も不安に思う内容は「どんなスタッフが働いているか知りたい」ということです。 居宅介護サービスを利用する場合、自分の親族を一時的に任せることになるため、顔が見えない事業者は信頼されにくい現状があります。 「おうちで介護どっとこむ」には「スタッフの声」や「利用者の声」を標準で掲載することができるため、利用者に安心・安全を伝えることができます。 ③低コストで求人情報を掲載し、応募フォームを作成できる。 居宅介護サービスを提供する事業者の最も大きな悩みは「求人」に関する悩みです。 「おうちで介護どっとこむ」には「求人情報・採用応募フォーム」を作成することができる機能が備わっています。 大規模なシステム開発をせずとも、「おうちで介護どっとこむ」のページ内で簡単にフォームを設置し、求人情報を掲載することが可能です。 ■「おうちで介護どっとこむ」のその他機能 「おうちで介護どっとこむ」では居宅介護サービス提供事業者の情報掲載だけでなく、様々な介護に関する情報を発信しております。 これからも在宅介護を頑張るすべての人を応援するメディアとして成長して参ります。 掲載依頼に関しましては担当者までお気軽にお問い合わせくださいませ。 おうちで介護どっとこむ:http://ouchidekaigo.com https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000035906.html