センチュリー21・ジャパン 加盟店は微増/19年3月期1Q|R.E.port
2018年7月31日 09時07分
no image
 (株)センチュリー21・ジャパンは30日、2019年3月期第1四半期決算(非連結)を発表した。  当期(18年4月1日~6月30日)は、営業収益10億800万円(前年同期比1.8%増)、営業利益3億500万円(同3.5%減)、経常利益3億2,100万円(同3.5%減)、四半期純利益2億1,800万円(同2.6%減)の増収減益。  売上高の内訳は、サービスフィー収入が7億5,100万円(同2.1%減)、ITサービスが2億900万円(同19.4%増)、加盟金収入が3,500万円(同5.6%増)。期中の加盟店異動は、新規加盟が14店(首都圏8、関西圏1、中部圏2、九州圏3)、退店が10店(首都圏2、関西圏6、中部圏2)。期末加盟店数は939店(同4店増)だった。  通期では、営業収益43億5,100万円、営業利益12億5,700万円、経常利益13億3,800万円、当期純利益9億1,000万円を見込んでいる。 https://www.re-port.net/article/news/0000056421