ラサール、尼崎の大規模物流施設を取得|R.E.port
2018年9月21日 09時07分
no image
 ラサール不動産投資顧問(株)は、ラサール インベストメント マネージメント インクが組成した特別目的会社を通じて、兵庫県尼崎市のマルチテナント型物流施設を28日付で取得。「ロジポート尼崎」として運営する。  同施設は、2009年築で、17年10月に改修済み。敷地面積12万4,481.53平方メートル。建物は地上7階建て、延床面積は28万1,642.65平方メートル。  阪神高速5号湾岸線「尼崎末広出入口」まで約200m、国道43号線にも約2.1kmと近く、広域配送の適地に立地。40フィートのトレーラーが直接アクセスできるランプウェイを各階に備え、倉庫エリアの基準柱間約16m×16m、有効天井高約6mと、高い機能を持つ。また、1階の低床式倉庫や別棟に危険物倉庫も備えている。 https://www.re-port.net/article/news/0000056938