REBRANDING "クリエイティブシティ" 逗子にタイムシェアオフィス&バー「Doer」オープン “実行する人”をつなぐ場をつくる
2018年9月21日 10時32分
no image
株式会社REBRANDING(https://www.rebranding.tokyo 代表取締役社長:中西豪)は、タイムシェアオフィス&バー「Doer(ドゥアー)」をJR逗子駅前(逗子駅徒歩1分)にオープンいたしました。 Doerは、昼はシェアオフィス(コワーキングスペース)、夜はバーになるタイムシェア型の複合店舗。実行する人(=Doer)が集まり、つながる場にしたいとのコンセプトから、Doerと名付けました。 起業家・フリーランス・クリエイター・複業家・店舗経営者をはじめとした“実行する人”がつどい、つながり、逗子・葉山から新たなビジネスを生み出すきっかけづくりを支援いたします。 タイムシェアなので、オフィスアワーは18時まで。 日が暮れたら仕事を終わらせて家族のもとに帰る。あるいは、新たにつながったビジネスパートナーとバータイムにビールを一杯。 そんな、心地よく生きるライフスタイルを提案しています。 ■クリエイティブな人々が集まる逗子・葉山エリア 逗子は東京都心まで約1時間。東京で働くにも、自宅で仕事し、たまに東京で打ち合わせをするにも利便性の高い立地です。そして、豊かな自然とカルチャーとコミュニティを愛する人が多く、若い移住者も少しずつですが増え始めています。 ここにクリエイティブな人たちがつながり新たなビジネスが生まれる場があれば、とても働きやすい。 職住近接で、働くことと住むことが一体となった生活スタイルをつくることができます。 働きやすく住みやすい街をつくることに貢献して、若い人口を増やしたいと考えています。 2008年、リチャード・フロリダは著書『クリエイティブ資本論』で、都市の成長と発展の要因は「人」であり、「クリエイティブ・クラス」が住みやすい環境をつくり誘致できるかにかかっていると論証しました。 「クリエイティブ・クラス」とは、米国の職業雇用調査の職業分類であり、〈コンピュータ・数学・建築・エンジニアリング・科学・教育・芸術・デザイン・エンタテインメント・スポーツ・メディア・マネジメント・金融・法律・医療〉に関わる職業につく人と定義されています。 日本の統計では、「専門的・技術的職業従事者」がおおよそ米国でいう「クリエイティブ・クラス」と一致します。 直近の調査結果では、実はこの「専門的・技術的職業従事者」が15歳以上就業者に占める割合は、神奈川県が全国で1位。神奈川県内では「葉山町」が21.4%で2位。「逗子市」が21.0%で3位なのです(1位は鎌倉市で23.4%)。 そして経営者(会社役員+個人事業主)が15歳以上就業者に占める割合は、「葉山町」が21.6%で1位。「逗子市」が16.6%で6位。 逗子駅が最寄り駅の葉山住民と逗子住民。あわせて約8,300人の「クリエイティブ・クラス」と約7,200人の「経営者」が逗子の街を生活圏としていることがわかりました。逗子の街のおよそ5人に1人はクリエイティブ・クラス。おなじく5人に1人が経営者なのです。 “クリエイティブシティ逗子”をつくる一端を担えるよう、Doerを心地のよい働く場に育てていきたいと思います。 ◇データ元:平成22年国勢調査職業等基本集計結果(神奈川県の概要) http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6772/p1098442.html ■なぜタイムシェア型の店舗にするのか 人口が減る日本では、住まいやお店や働く場を必要とする人も減り、建物が余る時代に入りました。 不動産賃貸経営は苦境に立たされます。 これまでのように、一つの部屋を一つの用途で貸していたのでは、不動産賃貸経営は成り立ちません。 大家をされている方にとっては、タイムシェアで複数の用途で貸し出すことが数少ない打ち手の一つだと考えます。 そこでDoerでは、昼は自社でシェアオフィスを経営し、夜はバーを経営したい方に転貸することにしました。このタイムシェア型の賃貸経営の状況をすべて記録にとり、1年後、オープンソースとして公開していきたいと思います。うまくいったことも失敗したことも参考に、自由に改変して活用して頂ければと思います。 ■シェアオフィスの概要 ◇所在地:神奈川県逗子市逗子1丁目5−21第2菊池ビル3階 ◇名称:Doer(ドゥアー) ◇WEBサイト:https://www.rebranding.tokyo/doer ◇オープン日:2018年9月19日 ◇利用料(予定)(税別) ・固定席会員:23,000円/月(ロッカー使用料含む) ・フリーアドレス会員:10,000円/月 ・タイムチャージ会員:300円/時間(1日最大1,000円) ◇主要設備 フリーWi-Fi、電源、レーザープリンター、ロッカー、ドリンク(コーヒー・紅茶等50円/杯)、電話ブース、会議テーブル、プロジェクター、ホワイトボード等 ◇利用可能時間:7時〜18時 ■お問い合わせ先 ◇Eメール:info@rebranding.tokyo ◇電話番号:050-5327-7606 ◇運営会社:株式会社REBRANDING 【会社所在地】神奈川県逗子市逗子1丁目5−21第2菊池ビル3階 【事業内容】 ・ビジネス戦略・クリエイティブ戦略コンサルティング ・シェアリングエコノミー事業 ・コミュニケーションプロダクト事業 【WEBサイト】https://www.rebranding.tokyo ■内観写真 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000037719.html