東京急行電鉄 たまプラーザのマンションにエリマネ施設|R.E.port
2018年9月25日 09時19分
no image
 東京急行電鉄(株)は10月11日に、分譲マンション「ドレッセWISEたまプラーザ」(横浜市青葉区、総戸数278戸)の低層部に、地域利便施設「CO-NIWAたまプラーザ」を開業する。  「コミュニティ・リビング」を具現化する施設として開発。コミュニティカフェ、保育園・学童保育、コワーキングスペースなどのほか、共用スペース“コミュニティ・コア”、貫通広場や店舗前テラスなどの機能を備える。  9月6日には、同施設の入居テナント、ドレッセWISEたまプラーザ管理組合、東急電鉄で構成する(一社)ドレッセWISEたまプラーザエリアマネジメンツを設立。同施設を活動拠点にして、エリアマネジメント活動を企画・運営し、住民交流を促進してコミュニティ形成やまちの回遊性向上を推進する。  今後は周辺のさまざまな地域団体の活動と連携したイベントや情報発信などを行ない、地域の課題解決や魅力向上も図りながら、良好な住環境とコミュニティの持続・再生を実現する郊外住宅地の実現を目指す。 https://www.re-port.net/article/news/0000056961