全宅連ほか 住居に関する意識調査を実施|R.E.port
2018年9月26日 11時12分
no image
 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)、(公社)全国宅地建物取引業保証協会は、23日の「不動産の日」に合わせ、消費者の住宅の住居志向および購買等に関する意識調査を実施する。  同調査は、消費者の住居に関するニーズと現状の把握を目的に毎年行なっているもの。対象は日本国内全域の20歳以上の男女、調査期間は9月21日~11月30日。インターネットの専用フォームで調査を実施、アンケート回答者の中から抽選の上ギフトカードを贈呈する。  調査の結果は、2019年2月に全宅連のホームページにて発表する予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000056956