東急電鉄 東急線アプリをもっと便利にリニューアルします! ~混雑の見える化を図り、分散乗車による快適なご利用を促進します~
2018年9月27日 15時14分
no image
 当社は、お客さまのさらなる利便性向上と、分散乗車やオフピーク利用の促進をめざし、9月28日から順次、スマートフォン向けアプリ「東急線アプリ」(以下、本アプリ)のリニューアルを行います。駅構内カメラから取得した画像を解析して活用する「駅視-vision(エキシビジョン)」(以下、「駅視-vision」)を用い、「駅視-vision(ホーム上混雑度表示)」を新たに導入します。また、田園都市線で実施中の平日全列車の車両別混雑度を、東横線・目黒線でも順次開始します。  「駅視-vision」では、駅改札付近の混雑度をリアルタイムで表示する、既存の「駅視-vision(改札付近混雑度)」の機能に加え、新たにホーム上の混雑度をリアルタイムに表示する「駅視-vision(ホーム上混雑度)」の機能を追加します。  「駅視-vision(ホーム上混雑度)」では、駅ホームの構内カメラから取得した画像を解析し、混雑度をヒートマップ形式でリアルタイムに表示します。あわせて、そのデータを蓄積し、今後データが蓄積され次第、曜日・時間帯別のホーム上混雑度の統計データをグラフで表示します。ホームの混雑状況を「見える化」することで、お客さまご自身で空いている場所を選択し、よりスムーズにご乗車いただけるようになります。三軒茶屋駅・自由が丘駅で試験的に運用を行った後、他駅への導入を検討していきます。  車両別混雑度表示は、列車の車両ごとに、混雑度を6段階に分けて表示するもので、既に運用中の田園都市線に加えて、東横線、目黒線でも順次運用を開始します。空いている車両を「見える化」することで、通勤時など乗車時間を変えることができない場合でも、お客さま自身で空いている車両を選択していただくことが可能になります。  また、田園都市線の5000系については、車両ごとのリアルタイムの混雑度や車内温度の情報のほか、ベビーカー・車いすスペースの位置が表示されます。乗車前に列車の情報が確認できるようになることで、比較的空いている車両やベビーカースペースのある車両など、お客さまにとってより快適な車両を選んでいただくことが可能になります。  当社では、今後も東急線をご利用されるお客さまに対し、一人一人のニーズに沿った情報を提供し、「安全」「安心」「快適」のたゆまぬ追求をめざします。  新しくなった「東急線アプリ」の機能の詳細および画面のイメージについては別紙のとおりです。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000316.000010686.html