不動産女性塾 女優・仁科 亜季子氏がセミナー|R.E.port
2018年9月28日 09時08分
no image
 不動産業に携わる女性経営者や実務経験者を中心に組織する「不動産女性塾」(塾長:北澤商事(株)代表取締役会長:北澤艶子氏)は26日、相互館110タワー(東京都中央区)で、12回目となるセミナーを開催。約50名が参加した。  セミナーでは、女優の仁科 亜季子氏が、自身のがん治療の経験を交えながら「苦境に負けない生き方」をテーマに講演。同氏と約20年にわたり交流のある(株)花沢コーポレーション専務取締役の上田照子氏は、「仁科さんは不動産好き。自分で物件を見つけてきては当社にリフォームを依頼してくることがあり、DIYも手掛ける」と、意外な一面を披露した。  仁科氏は、38歳で子宮頸がんと診断され、現在に至るまで4度の入退院を繰り返している。「がんや後遺症とは一生付き合っていかなくてはならない。でも、生きていることを思えば自分は“幸せながん患者”。『元気』『陽気』『強気』『やる気』『勇気』の5つの“気”をもって、毎日を過ごしている。皆さんも自分の体を大切に、一層はつらつと生きてください」と、参加者にエールを送った。 https://www.re-port.net/article/news/0000056999