住みたい街、「恵比寿」が4年連続トップ|R.E.port
2018年9月28日 09時40分
no image
 大手マンションディベロッパーで運営する新築マンションポータルサイト「MAJOR7(メジャーセブン)」は27日、2018年度の「住んでみたい街アンケート」結果を発表した。調査対象は、現在の住所地が首都圏(1都3県)・関西圏(2府2県)のメジャーセブン各社のネット会員。集計数は、首都圏3,094人、関西圏810人。調査時期は8月7~19日。  首都圏の住んでみたい街トップは「恵比寿」で4年連続の1位。次いで、2位は「品川」(前年度6位)、3位「自由が丘」(同2位)、4位「目黒」(同5位)、5位「吉祥寺」(同4位)。理由は、恵比寿、自由が丘は「交通の便」「おしゃれさ」、品川は「交通の便」「今後の発展に期待できる」、目黒は「交通の便」、吉祥寺は「施設の充実」「利便性」「自然環境」「公園の多さ」など。  関西圏は3年連続で「西宮北口」がトップ。2位は「夙川」(同変動なし)、3位は「梅田」(同4位)、4位は「岡本」(同3位)、5位は「宝塚」(同7位)となった。理由として、西宮北口、梅田、江坂では「交通の便」「商業施設の充実」、夙川、岡本、宝塚では「閑静な街並み」「街並みのきれいさ」が挙がった。 https://www.re-port.net/article/news/0000057000