健美家 住宅3種の投資利回り、横浜・名古屋・京都市で上昇|R.E.port
2018年10月1日 09時42分
no image
 不動産投資と収益物件の情報サイトを運営する健美家(株)は27日、政令指定都市別2018年上半期投資利回りを発表した。同サイトに登録された新規物件を集計・分析し、18年1~6月期に登録された区分マンション、1棟アパート、1棟マンションで、政令指定都市20市の投資利回りを調査した。  住宅系3種別において、利回りがすべて上昇した地域は横浜市、名古屋市、京都市の3都市となった。札幌市、仙台市、千葉市、川崎市、神戸市、岡山市、福岡市では2種別で上昇。これら10都市の利回りは3種別ともおおむね16~17年にかけて底を打ち、上昇傾向にあることが分かった。  一方、都市・種別ごとにみると、川崎市、京都市、大阪市の区分マンション、川崎市、名古屋市、広島市、福岡市の一棟アパート、仙台市、さいたま市、横浜市、川崎市、相模原市、名古屋市、広島市、福岡市の1棟マンションでは、利回りの低い状態が続き、利回りは6~7%台となった。 https://www.re-port.net/article/news/0000057014