東急不動産 バイオマス発電所に出資、AM業務受託|R.E.port
2018年10月1日 09時44分
no image
 東急不動産(株)は、中部電力(株)、三菱UFJリース(株)、シンエネルギー開発(株)と共に、米子バイオマス発電合同会社(鳥取県米子市、以下「本事業会社」)に匿名組合出資をすることで合意。27日に本事業会社がプロジェクトファイナンスによる融資契約を締結したと発表。  シンエネルギーが開発を進めてきた、発電出力が5万4,500kWの木質バイオマス専焼発電所を建設・運営するプロジェクト。東急不動産と三菱UFJリースが、100%出資子会社を通じてアセットマネジメント業務を受託、中部電力とシンエネルギーは、プロジェクトマネジメントを受託する。  工事開始予定は2019年9月、運転開始予定は22年3月。 https://www.re-port.net/article/news/0000057015