18年度グッドデザイン賞、不動産各社が受賞|R.E.port
2018年10月4日 09時17分
no image
 (公財)日本デザイン振興会は3日、「2018年度グッドデザイン賞」を発表した。  4月4日より応募受付を開始し、国内外から4,789件のエントリーがあった。そのうち1,353件の受賞(受賞企業数945社)を決定した。  主な不動産関連企業等の受賞社、受賞プロジェクトは以下の通り。 ■三井不動産(株) 宿泊機能付きシェアオフィス「ワークスタイリングSTAY」 調整池「柏の葉アクアテラス」 ■三菱地所グループ 分譲マンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」(三菱地所レジデンス(株)) 「『各住戸玄関前宅配ボックス』を利用した集合住宅における新しい宅配システム」(同) など13プロジェクト ■東急不動産(株) 分譲マンション「ブランズタワー御堂筋本町」 ■野村不動産(株) 開発用地の一部開放によるコミュニティ形成「仮設HUB拠点-まちへの新しい挨拶の形-」 分譲マンション「プラウドタワー木場公園」 など9プロジェクト ■大京グループ AI等を活用したマンション管理システム「AI INFO」((株)大京・(株)大京アステージ) 顔認証による集合住宅入館システム「サーパスエスコートサービスF-ace(フェイス)」((株)穴吹工務店) ■近鉄不動産(株) 分譲マンション「ローレルアイ目黒大橋」 賃貸マンション「リフィオ成増」 など4プロジェクト ■阪神阪急不動産(株) 分譲マンション「ジオ四谷荒木町」 大規模分譲におけるコミュニティ形成「まちづくり憲章のあるニュータウン[彩都]」 ■JR西日本不動産開発(株) 分譲マンション「J.GRAN THE HONOR 下鴨糺の杜」 ■三井不動産レジデンシャル(株) 分譲マンション「パークコート青山 ザ タワー」 分譲マンション「パークコート赤坂檜町 ザ タワー」 ■伊藤忠都市開発(株) 都心狭小間取りにおける空間提案「HITO-TUBO(ヒトツボ)」 ■大和ハウスグループ 分譲マンション「プレミストひばりが丘/HIBARIDO」(大和ハウス工業(株)、(株)コスモスイニシア) 分譲マンション「イニシア桂大橋」(コスモスイニシア) など6プロジェクト ■(株)日本エスコン 分譲マンション「グラン レ・ジェイド 若松町レジデンス」 ■ミサワホーム(株) 工業化住宅「CENTURY Primore3」 障がい者グループホームを核としたコミュニティ形成「cha-cha town(チャチャタウン)」 など5プロジェクト ■住友林業グループ 天井材「オーク 突板天井材(ナチュラルシーリング)」(住友林業(株)・住友林業クレスト(株)) ウッドデッキ「オリジナルウッドデッキ」(住友林業) など5プロジェクト ■トヨタホーム(株) 戸建商品「ESPACiO(エスパシオ) LS」 分譲地「星と時のヴィレッジ」 ■三井ホームグループ 木造平屋倉庫「スマート倉庫」(三井ホームコンポーネント(株)) ■(株)アキュラホーム 中規模木造構法「つくば支店『住まいと暮らしサロン』」 工業化住宅「港北展示場『キラクノイエ』」 など3プロジェクト ■ポラスグループ IoT住宅によるまちづくり「北習志野『街×IoT』プロジェクト」((株)中央住宅・ポラスガーデンヒルズ(株)) 注文住宅「寛ぎの邸宅」(ポラテック(株)) など5プロジェクト ■(株)リビタ シェア型複合ホテル「ザ シェア ホテルズ」 戸建て性能向上リノベーション「戸建ZEH改修プロジェクト」 など4プロジェクト ■メルディアグループ 分譲住宅「固有の個性を持った小空間が集まって形成された小さな町」((株)三栄建築設計) https://www.re-port.net/article/news/0000057058