スターツホテル開発 流山に駅直結のホテル、来年1月に開業|R.E.port
2018年10月4日 09時30分
no image
 スターツホテル開発(株)は、「ホテル ルミエール グランデ 流山おおたかの森」(千葉県流山市、総室数167室)を2019年1月27日に開業する。18年10月2日には予約受付を開始した。  同ホテルはつくばエクスプレス「流山おおたかの森」駅とペデストリアンデッキで直結。敷地面積は2,000平方メートル、建物は地上11階建て、延床面積は8,151平方メートル。客室はシングル(63室)、スタンダード(95室)を中心とし、デラックスツイン8室とスイート1室も設ける。総室数100室を超える規模は流山市内では初だという。  朝食レストランや宿泊者専用大浴場、フィットネスルームを完備。会議やパーティ等に使える宴会場も用意し、多様な需要に対応していく。 https://www.re-port.net/article/news/0000057053