国民生活センター 豪雨による消費者相談、住宅関連が多数|R.E.port
2018年10月9日 09時37分
no image
 (独)国民生活センターは4日、「平成30年7月豪雨」で寄せられた消費生活相談情報を公表した。  7月豪雨の発生から2ヵ月間で、どのような相談が寄せられているのかについてとりまとめ、情報提供するもの。  PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)では、7月豪雨関連の相談件数は、9月5日時点で575件だった。そのうち、住宅に関する相談は、賃貸アパートの賃貸借契約やリフォーム工事など、全期間を通じて多く寄せられた。  賃貸住宅に関するものでは、「退去を強制された」「カビ等で住めない状態なので対応してほしい」「住めない状況なのに賃料や原状回復費用を請求された」など。被害を受けた住宅の修理工事に関するものでは、「訪ねてきたリフォーム工事業者に必要のない工事を強引に契約させられた」「契約した後なかなか工事が始まらない」などの相談があった。 https://www.re-port.net/article/news/0000057084