阪急阪神ロジスティクス インドネシア インドネシアで保税物流センターのライセンスを取得
2018年10月9日 19時08分
no image
当社インドネシア現地法人である阪急阪神ロジスティクス インドネシアは、10月4日にインドネシア税関総局から、保税物流センター(PLB*1)のライセンスを、ジャカルタ近郊に位置するMM2100倉庫で取得いたしました。 PLB は、インドネシア政府の経済政策の一環として国内製造業の競争力強化並びに、ASEAN諸国内における物流ハブ化を目的に2015年に制定されました。これにより蔵置期間が最長3年、通関手続きの簡便化による貨物の迅速な引取りなどのメリットがあり、より高品質な物流サービスの提供が可能となります。 (*1)PLB:保税物流センター“Pusat Logistik Berikat”の略称。 【施設概要】 名称:  阪急阪神ロジスティクス インドネシアMM2100 倉庫 所在地:  インドネシア西ジャワ州ブカシ県 MM2100 工業団地  Kawasan Industrial MM2100, Jl. Bali Blok O-1-2,  Cikarang Barat, Bekasi 17520 West Java, Indonesia 電話番号:  +62-21-2808 0251 延床面積:  11,855 平方メートル(鉄筋コンクリート造・平屋造) PLB エリア面積:  10,041 平方メートル(内倉庫面積は 6,900平方メートル) 当社は、今後もMM2100 倉庫の機能を拡充することで、インドネシアに於ける旺盛な倉庫・輸送需要に対応してまいります。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000097.000007468.html