住宅保証支援機構 欠陥住宅の実態と防止対策テーマにシンポ|R.E.port
2018年10月10日 09時12分
no image
 (一財)住宅保証支援機構は10月31日に、明海大学不動産学部と共同で、不動産学シンポジウム 基礎から学ぶマイホーム取得講座「最近の欠陥住宅の実態とその防止対策について」を開催する。  「マイホームを取得する方法の全体像とチェックポイント」をテーマにした明海大学不動産学部学部長の中城康彦氏の講演をはじめ、「木造住宅の構造面での不具合を防ぐために」((株)M’s(エムズ)構造設計代表取締役社長・佐藤 実氏)など、4つの基調講演を行なう。また、来場者からの質問に対して、講師が回答する相談会も実施する。  会場はすまい・るホール(東京都文京区)。時間は13時30分~16時45分。参加費用は無料。申し込みは、明海大学・不動産学シンポジウムホームページの申込フォームから。 https://www.re-port.net/article/news/0000057097