大京がホテル開発に参入。札幌で初弾|R.E.port
2018年10月31日 09時24分
no image
 (株)大京は30日、ホテル開発事業に着手すると発表した。  6月に立ち上げたソリューション事業部が主導。同事業部では、「ホテル開発事業」および「賃貸マンション開発事業」「CRE戦略支援事業」「オフィスビル開発事業」等を推進している。  ホテル開発事業については、近年増加し続けている訪日外国人の宿泊ニーズに対応するため、日本全国の主要都市で事業化する計画。福岡市・札幌市・熊本市での事業化がすでに決定している。  新規ホテルの開発事業の概要は以下の通り。 ・「福岡市中央区」 敷地面積:1,241.44平方メートル。地上12階、242室 開業予定:2021年9月 ・「札幌市中央区」 敷地面積:1,071.87平方メートル。地上12階、182室 開業予定:20年6月 ・「熊本市中央区」 敷地面積:788.81平方メートル。地上10階、200室 開業予定:21年1月 https://www.re-port.net/article/news/0000057330