アットホーム 新築戸建て、平均成約価格は再びプラス|R.E.port
2018年10月31日 09時26分
no image
 不動産情報サービスのアットホーム(株)は30日、同社ネットワークにおける、2018年9月の首都圏新築戸建てと中古(既存)マンションの登録・成約価格データを公表した。  新築戸建ての登録価格は、首都圏平均で1戸当たり3,616万円(前月比2.3%上昇)と、再びプラスとなった。前年同月比も4.2%上昇し、13ヵ月連続のプラス。  成約価格は3,555万円(同2.6%上昇)と再びプラスに。東京23区は5,257万円(同3.3%増)、東京都下は3,729万円(同1.1%増)、神奈川県は3,702万円(同2.3%増)、埼玉県は3,045万円(同0.1%減)、千葉県は2,794万円(同変化なし)となった。東京23区では、高額物件の多い城南エリアの成約割合が上昇した一方、リーズナブルな物件の多い城東エリアの成約割合が低下したことで、3ヵ月連続で上昇した。  登録価格指数は103.5(同2.4ポイント上昇)。成約価格指数は100.4(同2.5ポイント上昇)と、再びプラスとなり4ヵ月ぶりに100を超えた。もっとも、全体の成約価格指数は15ヵ月連続で登録価格指数を下回っており、需給のズレが生じていることが分かる。  既存マンションの登録価格は、首都圏平均で1戸当たり2,619万円(同6.8%下落)、前年同月比も2.4%下落し、再びマイナスとなった。  成約価格は2,661万円(同0.4%上昇)と再びプラスに。地域別では、東京23区が3,339万円(同0.4%増)と、再び上昇。東京都下が2,778万円(同23.7%増)となった。神奈川県は2,471万円(同1.6%減)と3ヵ月ぶりに下落。埼玉県は1,881万円(同15.4%減)、千葉県は1,951万円(同26.7%増)。  1戸当たりの価格指数は、登録物件が122.7(同9.0ポイント下落)。成約物件は133.6(同0.6ポイント下落)と再びマイナスとなった。 https://www.re-port.net/article/news/0000057327